セフレをずっと自分の手元に置いておく方法

男にとって、セフレを作ることはそれほど簡単なことではありません。誰もがうらやむようなイケメンならともかく、何の魅力もない人がセフレを作るのは並大抵のことではありません。でも世の中にはイケメンでなくてもセフレがいる人がいます。そして、そういう人のほうがセフレとの関係が長続きしている傾向にあります。これはイケメンの人は得てして女性に対して特別な努力をしなくてもついてきたからです。放っておいても女性がついてきたことによって慢心が生まれ、女性が離れていくケースが多いのです。一方、とくにイケメンではない男性でセフレを何人も抱えているような男性は女性を満足させることに長けています。女心をつかみ、ちょっとした工夫で女性たちを離さないのです。そこで、これからセフレを作りたいと思ったときに関係を長続きさせたい人や、今のセフレを満足させてずっと手元に置いておきたい人のために、セフレと長続きしている人がどういう努力をしているか紹介していきます。

セフレとの関係が長続きしている人は、まず当然のことながらセックスで相手を幸福にさせています。これがまず難しいのです。相手がどう言う時に感じているか、どこが気持ちいいのかをすべて把握しなければなりません。これを自分で相手のしぐさを見ながら探し当てないといけないのです。もちろん挿入の時でもどこが感じるのか、ピンポイントで探り当ててこそ相手に満足されるのです。一番いけないのが相手の気持ちいいところを聞いてそこばかり攻めることです。それは彼氏にやってもらえばいいわけです。セフレなら、相手の気付かないような性感帯を見つけましょう。それがセフレと長続きする秘訣になるのです。参考URL:http://xn--1ck9b7c194y97dd85a.jp/ を詳しくは見てください。

 

セフレとの関係が長続きしている人は、相手にパートナーがいる人を選ぶ傾向があります。つまり、ほかに本命がいる人とセフレ関係になるのです。どうしてこのほうが長続きするのかというと、フリーの相手とセフレ関係になるとエッチだけの関係に不満を持ち、精神的な満足まで得ようとする場合が多いからです。セフレはそもそもエッチの相性が抜群にいいからこそセフレになるものであって、恋愛感情などは持ち込んではいけないものです。その点、恋人がいる相手なら精神的な満足は得られている場合が多いので、後はセフレが肉体的な満足を提供すればいいので関係が続きやすいのです。もちろんここで恋人に対して嫉妬してはいけません。あくまでもセフレと割り切ることこそ長続きする秘訣なのです。また、恋人や既婚者がいるのであれば連絡のとり方にも細心の注意しましょう。

 

セフレとの関係が長続きしている人は、エッチの後の後戯にも手を抜いていないものです。確かにエッチで満足させるのは大切ですが、気持ちのないエッチには必ず虚しさが付きまといます。関係を長続きできる人は、エッチが終わった後もしっかりと後戯に時間を割いてケアしているのです。

このようにセフレ関係続け、ずっと自分の手元に置いておくことのできる人はセフレに対して努力を惜しまないのです。セフレなんてエッチができて楽なだけだと思っている人は大間違いです。セフレとの関係が長続きしない人は、自分がセフレに満足を与えているか考えてみましょう。

メインメニュー