まず、相手の素性には気をつけましょう。

セフレの関係を上手に続けるためには、お互いが満足のいくつきあいをすること、そしてルール違反をしないことが大事です。そのためには、セフレはセフレ以上でも以下でもないことを心に留めておくことが必須ですが、具体的にはどのようなことに気をつければいいのでしょうか。

 

まず、相手の素性には気をつけましょう。要するに、すでに恋人がいたり、結婚していたりする人は選ばないようにするということです。詳しい素性がわからないまま関係を持ってしまうことはあるかもしれませんが、継続的にセフレとして関係を続けるなら、確かめてからにしたほうが無難です。

 

次に、セフレ以上の感情を持たないようにもしましょう。持ってしまってからは別れるのは難しくなるので、一般の恋人同士がやるようなデートはしない、友人に紹介しない、といったことで予防線をはっておくのがおすすめです。

 

万が一気持ちを持ってしまったら、きっぱり別れるのがいいと思います。セフレから恋人に関係が昇華することはないので、そこには希望を持たないくらい、大人な心持ちでいることです。

メインメニュー